<< Short Circus 1 | main | Jelly BeanがAndroid OSで初の最大シェア獲得 >>
2013.07.09 Tuesday

Xperia P 使用感

0

    そうだ! Xperia Pだ!!!

    ぺリアPを使用し始めて、2週間近くなってきました。
    SO-01BはAndroidアプリ開発用みたいな感じとして、肥やしになっています。

    最近は自宅用メインPCがUSBバスパワーを酷使しすぎて、地味にUSBの電力が足りてない雰囲気があります。

    それはそれとして。

    Xperia Pの使用感です。
    バージョンは4.1(JB)にアップデート済みです。はい。
    初めに言っておくと、僕はソニーが大好きなのでそんな感じで。

    *気に入るところ。

    1.物理的な重さ
     前の携帯が重かったというのはあるのだけれど、それを差し引いても軽い。
     世の中、チップのサイズダウンはめまぐるしい速さで進んではいるものの、バッテリーのサイズ(蓄電量に対して)はあんまり小型化が進んでないような気がするよね。
     同じくして、バッテリーは往々にして重い。画期的な媒体が発明されない限りはバッテリーのサイズや密度みたいなものがどうこうというよりも、チップの消費電力を下げて電源効率を上げることでバッテリーサイズを下げる、というのが定石なのかなーと思う。
     かといって、XperiaPがエコとは言ってないのであしからず。
     ともかく、蓄電量が少なめであるのも含め、軽い。

    2.フローティングプリズム
     いや、特に書くこともないんだけど。向こう側が透けている。それだけで、僕は満足なのだ。

    3.アルミユニボディ
     特に書くこともないんだけど、クロを選んだからあんまり金属感は感じない。カバーも一応つけちゃってるし。
     しかし、隙間から除くアルミボディ。それだけで僕は満足なのだ。

    4.スタミナモード
     4.X以降のXperiaには少なくともある? Androidの機能かどうかも知らないんだけど。
     スタミナモード使用時、電力消費が少なすぎてやばい。Windowsのスリープに近いのだろうか?
     とはいえ、あんまり使ってないのだけれどね。

    5.WhiteMagic
     これは面白い。感動する。ぶっちゃけ、これとフローティングプリズムの2つが載っている後継機が出たら、その魅力だけで乗り換えてしまうかもしれないレベル。
     7月になってから太陽が照る日も増えたりしてきて、夏! って日も出てきたんだけど、太陽の下でも画面が比較的きれいに見える。
     さすがに室内ほどというわけではないけれど……。
     太陽の下で液晶を見ると、バックライトが負けて画面が暗く見えるものだと思うんですが、WhiteMagicにより画面が暗くなりづらくなっている。太陽の下でも目を凝らすことがなく、そのまま画面を直視できる。

    *いまいちなところ
    1.電源ボタンが固め
     あんまりサクサク押されても困るんだけど、電源が固い。ボタンの形状もデザイン的にはマッチしているのだけれど、何となく押しづらい。
     SONYの現行モデル系は電源ボタンの統一が図られているので、そっちなら押しやすそうだ。
     少なくとも、手元にあるタブレットのXperia Zの電源ボタンは柔らかく、押しやすい。

    2.WhiteMagicの弊害か画面が黄色い
     WhiteMagicの弊害なのか、画面の黄色が強い。色温度を変更するアプリで設定はいじってはいるが、どうしてもそこは完全な解消とはいかない。
     個人的に気にならない程度には抑えられるが、全員が全員、そうとはいえず、といったところになりそう。

    3.バッテリー持ち
     ざっくりとバッテリー持ちっていうとなんとも。使う人にもよるし。
     単なる待ち受け状態では特に問題は感じない。僕は毎日充電する派だけども。
     前のカスタムROMのSO-01Bに比べ、使用中のバッテリー消費は比較的早い。
     %上での話にはなるが、僕が平日の外出中の消費量として、
     SO-01B(2.3.3) 100%->70-75%
     Xperia P 100%->60-65%
     大体、上記のようになる。

     僕の使用時間については大体、出勤途中の20分、昼休みの10分、帰宅途中で30分といった程度で、合計1時間前後。
     待ち受け状態ではほぼほぼバッテリーの消費は気にするほどではないと思うが、使用中のバッテリー消費は相当早い印象がある。
     ちなみに僕の携帯にはバックグラウンドで動くアプリはメーラーぐらいしか入れていない。
     結構使う人からしたら、それなりに気にするかも。
     とはいえ、前のSO-01Bではスペックの差により、通信などの待ち時間が長く、バッテリー消費は少なくてもXperia Pより得られる情報量は少なくはあったのだけれど。

    4.LEDの位置
     LEDが通話用スピーカーのへこんだ場所にある。
     正面から見ると点灯を確認できるが、斜め等から見ると見えないことが多々ある。
     個人的にはスピーカーの右側のスペースが空いているので、くぼんでいないそこに配置してほしかった。
     別に左でもいいけど、インカメラ、照度センサーとぶつかる? そこまでのサイズじゃないよなぁ、たぶん。

    5.あ、つ、い
     使いまくるとアルミボディが熱くなってくる。持てないほどではないけれど。
     TPUカバーを付けているが、それでも熱はわかる感じ。まぁこれは携帯電話の宿命か……。チップの小型化とバッテリーの小型化、消費電力の減少により、いつかこの課題はクリアされるといいなぁ。

    6.デスグリップ
     確かに一番下のキャップ、フローティングプリズム(これがアンテナとなっている。透明なアンテナ)を手で覆うように持つと、アンテナが死ぬ。
     でもこんな持ち方するやついるのか?
     縦に細い形なので、片手持ちも比較的容易なので、気にするほど発生しないと思う。

    7.フローティングプリズムが単色
     そのまま。Xperia Uではバリエーションがあるらしい?


    今のところ、思ったところは以上かな。
    使用感については上記以外、特に問題を感じない。

    とりあえずのまとめとしては、
    いまいちなところのほうが数的には多いけれど、買う前からわかっていたことなので特に問題にはならず。
    というかそれを差し引いても、
    ・フローティングプリズムの透明感(さらにいえば、ホームボタンのアイコンが透明なフローティングプリズムの中に浮いているように見える)
    ・フローティングプリズム=アンテナという拘り
    ・太陽の下でも画面が見えるWhiteMagic
    上記の魅力のほうが上回っている。と僕は思う。

    そういった「ソニーだからこそ」といった拘り、尖った感じ。
    比較的、僕は満足しました。
    コメント
    コメントする








     
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    宣伝